外国人彼氏を親に紹介する時のタイミングとテクニック【体験談】

国際恋愛
kimio
kimio

今回のテーマは、外国人彼氏を親に紹介するタイミングとテクニックです!

私の経験を元に紹介するので、参考にできる部分を見つけて実践してみてください!

この記事はこんな人におすすめ

・これから外国人の彼氏を親に紹介する予定の人

・外国人の彼氏を親に紹介したいけど、どうしようか考えている人

この記事を読むことで得られる知識

・外国人彼氏を親に紹介するタイミング

・外国人彼氏を親に合わせる時に使えるテクニック

この記事を書く人

kimio

・スペインで料理とブログをする人
・これまでに住んだ都市はニューヨークと東京とバルセロナ
・今までの職歴は美容師とゲイバー
100人以上(20カ国以上)との国際恋愛、デートの経験からの恋愛と海外生活ついてを主に発信中

日本人男性を紹介するより、外国人彼氏を紹介することの方が、もっとハードルが高いと感じてしまう人は多いのではないでしょうか。

多様化が進んでいるとはいえ、親世代はまだ頭が固い人が多いかもしれません。

しかし経験者の私からすると、基本的なポイントを注意すれば、日本人も外国人も紹介する大変さはそこまで変わりません。

私は外国人彼氏紹介の前に、カミングアウトをしています。親に何かを伝えることは比較的得意なのです!

外国人彼氏を親に紹介するタイミングについて

彼氏があなたを親に紹介してくれた時はいい目安

外国人の男性は日本人男性よりも家族とのコミュニケーションの頻度が高い人が多いです。彼が日本に住んでいるとしても、頻繁に母国の家族とビデオチャットをしているのではないでしょうか。

彼の国で彼の家族と実際に会ったり、彼が日本で家族とビデオチャットで話している時にあなたのことを紹介してくれたら、あなたも家族を紹介してもいいタイミングでしょう。

告白というものが基本的にないので、親に紹介されることが公式な関係になる合図の場合が多いです。カジュアルに親に合わせる外国人男性が多いですが、親に紹介したことは正式にお付き合いしている証拠でもあるので、あなたが家族に紹介すると彼にいっても特に驚かないでしょう。

kimio
kimio

私の日本の元カレはよくスカイプで紹介してくれていたので、ある日突然、「実家に帰省するけど一緒に来る?」と聞いたら「行くー!」と言っていました。特に私の親に対しては意識していませんでした。

親に彼を紹介する時期は特に関係ない

「付き合ってからすぐはやめておこう」「結婚を意識してからにしよう」と多くの女性は思うはずです。しかし日本以外の多くの国では、パートナーを親に紹介することに付き合った時期は特に関係なく行われています。

どちらかというと早い段階で紹介しているカップルが多いように感じます。

もちろん、あなたは両親のことを気にして紹介するタイミングを考えているのでしょう。結婚に対して敏感な国、世代です。気にするのは当たり前です。

しかし、彼からしたら少し違和感を感じてしまうかもしれません。日本の文化を十分理解しているならまだしも、「自分のことを親に言えない何かがあるのかな?」と思ってしまう可能はあります。彼が紹介されることが早いなと思うことは少ないでしょう。

結婚を意識していなくても紹介してもいい

日本の場合だと、彼氏を「親に紹介する=結婚する」みたいな感じがしますが、あなたが紹介したいと思ったら結婚を意識しなくても、紹介すればいいのです。

上に書いた通り、多くの外国人にとって親に紹介することはカジュアルです。あなた一人が親に紹介するということを重く考える必要はありません。きっと彼は「会ってみたいなぁ」程度に気楽に考えているでしょう。結婚の挨拶ではないのなら、ただ会って仲良くするだけです。

彼に自分の家族を知ってもらうということはさらに深い仲にもなりやすいので、おすすめです。

問題は親が意識してしまうという点かもしれません。その場合は、彼の国ではカジュアルに家族と会う文化だと言えば、特に他の国の文化がわからない限り、親は受け入れるしかないでしょう。

kimio
kimio

ゲイだから結婚する気持ちなんてわからないのでは?と思うかもしれませんが、多くの国では同性婚は一般的なので、わたしもいつかは結婚するつもりでいますよ!

外国人彼氏を親に紹介する時に使えるテクニック

ここでは実際に私が行ったことを紹介します。「親の世代はまだ異文化を理解しきれていない部分が多い」とうことを踏まえて行いました。

親に紹介する前に、彼にお願いをしておく

普段のスキンシップの量を抑えてもらう

日本では親の前でイチャイチャしたりする人はほとんどいないのではないでしょうか。特に親世代は恥じらいを持つことをマナーにしている人が多いです。

恋人同士のスキンシップも親の世代からしたら恥ずかしいものになってしまうかもしれません。特に、外国人男性は日本人男性よりもスキンシップが目立つ人が多いです。

ですので、彼には日本の文化ですと伝えて、普段よりもスキンシップを減らしてもらった方が親は驚かないでしょう。

特に父親の前は注意ですね。女性より男性の方がスキンシップについては敏感です。「自分の娘が!」となりやすい人も多そうなので気をつかってあげましょう!

kimio
kimio

私は事前にカミングアウトしているとはいえ、理解しきれていない部分はあるだろうと思い、親の前では恋人との立ち振る舞い方を常に考えていました。

家族構成やあまり話題にしたくないことなど、事前に家族の情報伝えておく

相手の親とのコミュニケーションはいくら外国人といっても気をつかいます。あらかじめ情報を教えていたほうが彼にとってもコミュニケーションがとりやすいでしょう。

家族によってはあまり話題にしたくないことがあるかもしれないので、その場合は事前に伝えておきましょう。

国によってコミュニケーションの取り方も様々です。外国人は基本的に、多くの日本人みたいに察することが得意ではありません。空気を読んで遠慮をするということも苦手かもしれません。

あまりないとは思いますが、気まずい話題になってしまっているのに、それに気づかないで深入りしようとしてしまったら印象が悪くなってしまいます。

自分の国のことを親に教えてあげるようにお願いしておく

親密度を上げるためには会話を楽しむことが大切です。親は普段できないような会話ができるので、会話自体を楽しむことができるでしょう。

その国のことを知るためにはその国の人から直接聞くことが一番です。説得力が増すし、興味も持ってもらいやすくなります。

なにより、親は自分の子供がどんな人と付き合っているのかが知りたいのです。日本人ならまだしも、相手は知らない国の人。きっとわからないことだらけでしょう。

ですので、彼と親が仲良くするための最初のきっかけとして、彼の国のことを話させることがおすすめです!

kimio
kimio

彼が彼の国の料理を私の母親に教えたら、かなり仲良くなってLine交換していました。

家族の誰かを味方にしておく

兄弟などがいれば事前に彼のことを紹介することもおすすめです。事前に親以外の家族を通して、親に彼がどんな人なのかを軽く伝えればクッションになります。親は事前に見た目や性格などを知っていた方が、初めて会った時の衝撃が少なくなります。

あなたが事前に直接親に説明するより、第三者である家族の誰かが親に言ったほうが親も落ち着いて聞けます。

また、実際に彼を親に紹介するときに味方の家族がいれば、多少なりとも気を使って話をふったりしてくれて助けてくれるのではないでしょうか。

親に言いにくいことも他の家族の誰かなら言いやすいということもあり、事前に作戦をたてれます。親が厳しかったり、難しい性格ならば、使ってみる価値のあるテクニックです!

kimio
kimio

私が親にカミングアウトする前に姉に言ったら、姉が親にうまいこと言ってくれたので、楽にカミングアウトできました(笑)そのことがこのテクニックに繋がりました!

あなたが説明をするのではなく、彼らで会話をさせる

彼が日本語を伝えることがどうしても難しいという場合じゃない限り、なるべく彼らで話させるようにすることが、彼とあなたの親の関係をよくするために大切です。

完璧じゃない日本語じゃなくても一生懸命話してくれる彼に、親も好感を持てるはずです。彼と親が仲がいい方が、あなたと彼の付き合いも将来的にうまくいきやすいのではないでしょうか!

この記事を書いた人
kimio

・スペインで料理とライティングをする人
・住んだことがある都市はニューヨークと東京とバルセロナ
・今までの職業は美容師、ゲイバー
100人以上(20カ国以上)との国際恋愛、デートの経験からの恋愛と海外生活について発信中

kimioをフォローする
国際恋愛 恋愛
kimioをフォローする
きみおブログ
タイトルとURLをコピーしました